サイトの開設にあたって

 国民の皆さん、特に首都圏で生活している皆さん、あなたの年金の受給権は確保されていますか。私たち全日本年金者組合は、全国民の年金の受給権を守るために活動している団体です。今般、全国民を対象にして、年金の相談を受けることを計画しました。そして同時に、今まで、私たちの取り組みにより「受給権を回復した」事例も、紹介したいと思います。

 このような取り組みを始めるようなった経緯は次のとおりです。

 2010年5月に、第1回年金相談ネットワーク首都圏会議が開催され、以後2年間、毎月首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)の代表がそれぞれ2~3名参加し、各都県の活動経験を報告し、情報交換しながら、年金相談活動を積極的に推進するための方策を検討してきました。その中では、各都県の具体的な年金相談事例も多く報告され、今後の年金相談活動に役立つ、きわめて貴重な内容の相談事例が溢れていました。
 ネットワーク会議では、この貴重な相談事例を組合員に広く知らせ、組合員が年金相談活動を進める際の参考事例として活用していただければ『消えた年金』の解決などの相談活動に役立つのではないか、と考えた結果ホームページでデータベース化し普及する方法を考え、このサイトを開設することにしました。
 年金記録問題が大きな騒ぎとなって、5年を過ぎましたが、未だに約900万件の記録が解決していないといわれています。年金者組合が相談活動を活発にすすめ、一人でも多くの年金記録を回復させましょう。

                  全日本年金者組合

                 首都圏年金相談ネットワーク会議 代表 夏野弘司

  2012年5月

 

 

フォトギャラリー

 アクセスカウンター

アクセスカウンター

短信

★2013年10月。更新しました。オピニオンをクリックして下さい。

 

★2013年6月。成果が上がっています、ニュースをクリックして下さい。

 

2012年5月下旬、懸案だった首都圏年金相談ネットワーク会議のサイトを立ち上げました。

 

 

   ■開設 2012.05.30

   ■更新 2013.10.23