オピニオン

 恩給期間に関わる27%年金削減は不当です
                   

                                                     2013年10月23日 

                                                     首都圏年金相談ネットワーク会議


1.経緯と削減理由
国家公務員21万人、地方公務員72万人の共済年金受給者を対象に、「追加費用削減」の名目により今年8月分より年金削減が強行されました。年金削減の根拠は、2012年8月に成立した「被用者年金一元化法」です。この法律によれば、現在の共済年金制度の施行前(国は1959年10月、地方は1962年12月以前)の恩給制度適用期間についても共済制度に算入し決定・給付していたが、当該期間の財源は「追加費用」として国、地方公共団体等が負担してきた。この期間に関わる給付を本人負担に見合った水準まで一律27%削減するとしています。具体的には、共済制度発足時の本人掛け金4.4%と恩給期間の本人負担(恩給納金)2%との差である2.4%部分を給付から削減するというものです。この2.4%が全体負担8.8%(本人と事業主の合計)の27%に相当するとしています。
2.年金削減の不当性
 (1)恩給期間を含め裁定済の共済年金の受給権は、憲法29条で保障される財産権であり、本人の承諾無しの削減は財産権の不可侵を定めた憲法29条に抵触します。
 (2)恩給期間の財源負担は、恩給制度に基づくものであり国家負担が前提です。当時、民間企業との労働条件比較において、就職先として公務員を選択する際の積極的重要ファクターでした。
 この恩給に対する期待権は、労働条件の重要な構成要素であり、本人の承諾無しの労働契約の変更(労働者の不利益変更)は無効です。
 (3)年金削減の対象となる方は、高齢者(概ね75歳以上)であり、日々の生活設計は既に確立しており、50年も前の制度変更を理由とする年金削減は、永年にわたり確定している経済条件、法律条件を一方的に変更するものです。これは安定的な社会秩序を混乱させ、高齢者の生活に多大な負担と打撃を与えるものであり公序良俗に反し無効です。
 (4)年金削減率の算出は、退職共済年金と老齢基礎年金を合算して行われていますが、老齢基礎年金は、1986年(昭和61年)4月に導入された全国民共通の制度であり、この時点から公務員も国民年金に加入することになったものです。よって、1962年(昭和37年)12月以前の恩給期間の費用負担変更計算に老齢基礎年金の額を含めることは、論理的整合性が無く不当です。
 (5)以上の他にも整合性のない不当事項が多々あり、該当する方は「不当性」につき“NO”の意思表示を示しましょう。具体的には行政不服審査請求になります。
                        相談先の電話は次の通りです
                                 全日本年金者組合・中央本部(03-5978-2751)
                                 同     神奈川県本部(045-663-4061)
                                 同     東京都本部(03-3986-8566)
                                 同     千葉県本部(043-225-3037)
                                 同     埼玉県本部(048-686-2044)

 

 

厚生年金基金等資産運用・財政運営に関する有識者会議に対し次のような要請を行った

 

                                                                    2012年6月14日
内閣総理大臣  野田 佳彦 様
厚生労働大臣  小宮山洋子 様

                                                        全日本年金者組合

                                                              中央執行委員長 篠塚多助  

                  厚生年金基金等企業年金の受給権尊重を求める要請

 AIJ投資顧問による多額の年金資産喪失を契機に「厚生年金基金等資産運用・財政運営に関する有識者会議」が検討を重ねています。
 もともとこのような悪質投資顧問会社を横行させたのは、1990年代日米構造協議により政府が金融自由化と規制緩和を行いながら、業者に対する有効な監視を怠ってきた結果です。これらの事実に照らして年金資産の運用等の改善は、規制緩和の見直しと監視体制の強化でなければなりません。悪徳業者による基金等の損失を年金受給者にしわ寄せするなどということは絶対に許されません。
 また、厚生年金基金を含む企業年金は、長年の労働に対する対価であり受給者にとっては老後の生活設計の基礎です。同時にこれは、憲法29条が保障する財産権です。これが財政運営の都合で左右されてはならないことはいうまでもありません。
 よって下記の事項について強く要請するものです。

                 記

1.企業年金資産運用ついて規制緩和の見直しと監視体制の強化を図ること。
2.企業年金資金運用の損失を受給者に負担させないこと。
3.企業年金の財政運営に当たって受給者の財産権を侵害しないこと。

                                     以上

 

 

 

短信

★2013年10月。更新しました。オピニオンをクリックして下さい。

 

★2013年6月。成果が上がっています、ニュースをクリックして下さい。

 

2012年5月下旬、懸案だった首都圏年金相談ネットワーク会議のサイトを立ち上げました。

 

 

   ■開設 2012.05.30

   ■更新 2013.10.23